GOぶろぐ
治療方針

お薬、漢方、健康のお悩み
お気軽にご相談ください。

046-261-1380

午前10時~午後7時
(定休日:日曜・祝日)

メールでのお問い合わせは
こちら»

  • Twitter
  • Facebook

漢方たなうぇぶ>GOブログ>女性の健康>冷房病 �A婦人病

冷房病 �A婦人病

暑い日もありますが涼しくても交通機関や公共の場、会社などでは冷房がフル稼働しています。
夏は冬よりも薄着です。
夏野菜や果物、水分など夏は食生活によっても体をひやします。
何が言いたいのかと申しますと、夏は冬よりも冷えるのです!

女性のお体には冷えはとにかくよくありません。
冷えは血の道を滞らせます。
婦人科の病気がとても悪化しやすいです。
生理痛、生理不順、月経前症候群(PMS)、おりもの、不妊、など冷えによって悪化してしまうものが多々あります。
妊娠中の女性なんて特に冷えには注意が必要です。流産の危険性が高くなります。
この時期に頭痛が悪化される女性が多いのですが、カキ氷を食べたときのような頭痛であればなおさら冷えによるものですが、軽い頭痛でも冷えが影響している場合が多いです。
最近になってお腹が痛くなったり、お腹がはるという方も、冷房が関係しているかもしれません。
冷房で内臓が冷えると食欲だってなくなりやすいです。

冷えにより血の道が滞ると「オ血」という状態になり、体の中では塊ができやすくなります。
冷えは内膜症、筋腫、嚢腫、ガンといった症状の芽ができる原因の一つであると漢方では考えます。

人の体は体外の環境にとても左右されます。
いくら腹巻をしても、いくら厚着をしても、体の芯までずっしりと冷房で冷えてしまうとなかなか温まりません。
だから漢方で体の中から温めていただきたいのです。
夏の冷えはまさに現代病の最たるもの!だと思います。

false

偶然みつけました。
また来ます・・

ごう先生

コメントありがとうございます。^^

→
←

tag