GOぶろぐ
治療方針

お薬、漢方、健康のお悩み
お気軽にご相談ください。

046-261-1380

午前10時~午後7時
(定休日:日曜・祝日)

メールでのお問い合わせは
こちら»

  • Twitter
  • Facebook

漢方たなうぇぶ>GOブログ>不妊症>月経血の量が減ってきた・・・ 妊娠への影響は?

月経血の量が減ってきた・・・ 妊娠への影響は?

不妊のご相談の際に女性の方々が不安になられている症状の一つに、
「月経血の減少」があります。
明らかに自覚できる症状なので、
そろそろ難しいのかなぁ〜、と不安になられるのでしょう。

月経血の量が減っているという状態は、
放っておくと無月経や無排卵などの大きな問題に発展しかねません。
まずはきちんと検査を受けるようにしましょう。
そして必ず漢方的なチェックをして、
「漢方的カラダづくり」に力を入れていただきたいと
私は考えております。。

女性の月経は年齢とともに徐々に量が減り月経期も短くなってきます。
これは月経に関係する女性ホルモンの分泌が鈍り、
子宮内膜が段々と薄くなってきた事を意味します。

ホルモンの状態が活発であるはずの20代で、
月経量が少なかったり
月経期が短かったり(3日未満を目安としてます)する場合は、
卵胞の発育不全や子宮内膜の厚みと柔らかさ(時に温かさ)が
不十分であることが考えられます。

漢方の生体観では子宮は「血の海」と呼ばれ、
温かい血液で満たされている状態が最も妊娠に適した状態と考えます。

月経血が少ないという事は、
子宮が十分に温かい血に満たされていない
妊娠しにくい状態であるとも言えます。

原因は単なる血の不足だけでなく、
生殖能力の源である五臓六腑の腎の機能にまで
影響している可能性があります。
腎を強め血を養う漢方薬のサポートが必要だと思います。

年齢的な問題で月経血が少なくなっている場合にも、
同様の対処法によってホルモンレベルが現在よりも高まり
子宮内膜が十分な厚みと柔らかさを保てるようになれば、
妊娠できる可能性は十分にあると私は考えています。


今日も最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしかったら↓クリックしてください
人気blogランキング

ブログの情報をいち早くお知らせ
ブログ+α
メールマガジンTANAVEX

アンダーグラウンドカルチャーのポータルサイト
LOWRIDER

category:
不妊症

SAYU

こんにちは!
静岡のSAYUです☆
先日はありがとうございました。。。

ブログのお話をされていたので、
勝手ながら覗かせていただきました。
これからも主人のDAIと更新を楽しみにしてます♪

ごう先生

コメントありがとうございます!
うなぎとっても美味しかったです。
関西風の方がパリッとしてて美味いですね。

DAIさんによろしくお伝えください(^^)

→
←

tag