GOぶろぐ
治療方針

お薬、漢方、健康のお悩み
お気軽にご相談ください。

046-261-1380

午前10時~午後7時
(定休日:日曜・祝日)

メールでのお問い合わせは
こちら»

  • Twitter
  • Facebook

漢方たなうぇぶ>GOブログ>ダイエット>やせるモノからやせるコト(方法)へ 「更年期太り」には

やせるモノからやせるコト(方法)へ 「更年期太り」には

dobinhutaura.jpg
大きな土瓶がよく漢方薬局に飾ってあるのを目にしたことありませんか?
その蓋の裏は、
ちょっとしたアートになっていました。

うれしくなって飾ってしまいました。


更年期ごろから太りやすくなるということは、
多くの女性の悩みの種であろうと思われます。

更年期を迎えるころから太りやすくなるのは
何故でしょうか?
と問うと、
ホルモンの分泌量が減るので
代謝が悪くなる、
と答える方が多いです。

ホルモンの分泌量が減ると
なぜ代謝が悪くなるのでしょう?
と問うと、
このぐらいからあやふやとなってしまいます。

なんとなく分かったような気になっているけれど、
詳しい体の仕組みは案外と良く分からないものであります。

私が学んだ漢方の自然観を通じて、
女性の更年期前後の体の違いを
素直に考えてみます。

一番大きな差は「生理の有無」です。
月経によって1ヶ月前後の周期毎に女性は
100~180ccぐらいは出血するわけです。
1年にすると
大きなペットボトル1本分
近くにはなろうかと思います。

閉経とは、
それだけの排泄行為である月経が無くなるわけです。

生理が毎月きちんとあった頃と同じ量の食事をとっていたら、
単純に月経によって消耗していた血液の分が太っていく・・・
可能性が大です。
このように考えてみると恐ろしいですね。


比較的お腹の周りが太りやすくなってくるのも、
女性の体の構造と関係があります。

そもそも月経は、
子宮からの排泄であります。
女性は、
下腹部に位置する子宮へと
エネルギーや老廃物を運ぶ仕組みに
体がなっていると漢方ではとらえます。

生理がある頃の名残から、
閉経ごも子宮周辺へ
エネルギーや老廃物を運んでしまうのです。
だからお腹周りが(特に下腹部がポッコリと)太りやすいと
私は考えております。


更年期以降の女性に必要なのは、
子宮(血の道)に頼らない解毒排泄方法を、
早く身につけることにつきます。
そのためには漢方がお役立てできる事が
色々あるかもしれないと
私は考えています。

更年期以降は太りやすいというだけでなく
老廃物がたまりやすいという側面から、
病気や症候群に悩まされることが多くなります。

冷えのぼせや多汗などの更年期障害の様々な症候群から
子宮筋腫や卵巣嚢腫、内膜症、ポリープやがんなどの各種腫瘍まで、
様々な病気の原因も体の仕組みを考えれば、
自ずと対策も考えることができます。

これらの病気はどれ一つとして太っていて良い事は何もありません。

アレを飲めば痩せる!
という「モノ主体」のダイエットでは、
一時的にうまくいくかもしれないけれど、
治療のポイントがずれてしまっている
ことが多くみられます。

「更年期」の体には、
その時期にあった方法が必要なのでは?

ダイエット成功の秘訣は自分の体を知ることにあります。
私がダイエットのご提案をするさいに心がけていることは
「一緒に学び知るコト」であります。

なので、
ダイエットのご相談を承る時にはお時間がかかります。
ご相談をご希望でした、
あらかじめご予約をいただけましたら幸いです。

☆お知らせ☆

ごう先生と一緒にお仕事してみませんか?
<薬剤師さん募集>

薬剤師だからこそできる事があります。
お薬のチェックや調剤業務をするのも
確かに薬剤師の職能ではありますが、
薬剤師はもっと困っている人たちの力に
なることができると考えております。

漢方や自然医学の知恵を生かし
様々な症状や病を癒すお手伝いを
しませんか?

漢方に興味があるという方。
ごう先生と一緒に勉強してみませんか?

すぐにお返事できないかもしれませんが、
ご興味のある方は私宛にメールしてください!
勤務条件や面接などを含めご連絡を致します。

メール「こちら」までお願いします。


今日も最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしかったら↓クリックしてください
人気blogランキング

私は今後のLowriderMarbo氏の動向に注目しています。

ブログの情報をいち早くお知らせ
ブログ+α
メールマガジンTANAVEX

→
←

tag