GOぶろぐ
治療方針

お薬、漢方、健康のお悩み
お気軽にご相談ください。

046-261-1380

午前10時~午後7時
(定休日:日曜・祝日)

メールでのお問い合わせは
こちら»

  • Twitter
  • Facebook

漢方たなうぇぶ>GOブログ>不妊症>漢方薬の奥深さ

漢方薬の奥深さ

子宝に恵まれるきっかけは正攻法だけではないことが多い。

漢方でいう子宝のための正攻法とは、
血を養う事や精を養うこと、
古血を浄化すること、
というのが一般的だと思う。

温める力を補う事もまた正攻法ではあるが、
上記のような血や精を増すことをしつつ温めるのが正攻法だと思う。

しかしこの頃僕が実際に妊娠する方々と接し感じるのは、
直接的に血や精を増す漢方方剤が必ずしもベストな治療薬ではないかもしれない、
という事。

机上の理論では、
「肝」は血を蔵し胞宮を養うものであり、
「腎」は先天の精であり、子孫繁栄の力の源である。
「脾」は後天の精であり、気や血を飲食するものから生み出す。
「肺」は天空の気を取り込む。
五臓を全て養えば子宝に恵まれるのかというと、
なかなかそう上手くは運ばない。

周期に対応しての療法も、
薬の力だけでは思うようにいかない。

きっと人工授精や体外受精などの現代的な医療も、
理論的はすぐに子宝に恵まれそうなものだけれど、
実際には成功率はなかなか高くならない。

治療の対象であるその人のお体が、
どのような状態なのかをジックリと観察し
最適な処方を選ぶという事がいかに大切かを思い知らされる。

甘艸乾姜茯苓白朮湯は、
腰以下がとにかく冷えて重く、腰痛や膝痛、坐骨神経痛などがあり、お小水が近い人によい処方ですが、冷え性や痛み以外に、配合生薬の妙から鼻炎にも応用している。

そして上記のような症状があれば、
高温期がしっかりと続かないような温める力「陽気」が充実していない女性にとっては、
妊娠しやすくなるという事もあり、
実際にそのような機会に僕は何度も遭遇しています。

鼻炎やお肌、便秘の治療で子宝に恵まれる場合がよくある。
子宝の治療で鼻炎や神経痛が緩和したり、お肌がきれいになる場合もある。
どちらも良い意味での想定外ではあるが、
それを先読みできる力やイメージできる眼力をもっていたいと常々考えている。

それは処方を運用するもののセンスなのではないかと思います。

先人が考案した数々の処方・薬味の配合の奥深さにはただただ驚かされるばかりである。


Marbo氏の感性をあなたも感じてください。

ブログの情報をいち早くお知らせ
ブログ+α
メールマガジンTANAVEX

→
←

tag