GOぶろぐ
治療方針

お薬、漢方、健康のお悩み
お気軽にご相談ください。

046-261-1380

午前10時~午後7時
(定休日:日曜・祝日)

メールでのお問い合わせは
こちら»

  • Twitter
  • Facebook

漢方たなうぇぶ>GOブログ>妊娠中・産後のお体のために>妊婦さん 「肥満」も「やせ」もハイリスク

妊婦さん 「肥満」も「やせ」もハイリスク

妊娠初期の胎児はわずか数グラム。
臨月でも胎児の体重は3000g前後ほどで肉体自体は小さいものです。

その胎児の体格からして、実際に妊婦さんが一日に必要な食事量はさほど多くはありません。
しかし母体の本能的な食欲はいささか過度となりやすく、欲にまかせて食べていると「肥満」や「過体重」になりやすい傾向があります。
肥満が「ハイリスク」なのは、食べ物や体重の重みが子宮や骨盤へと直接かかり、子宮頸管が開きやすく早産・流産のリスクも高く、膀胱や腸への負担が頻尿や便秘にもなりやすいからです。
重い体重を毎日支えながら生活するという事は、肉体的にはかなりきつく疲労も蓄積します。

疲労の蓄積は末梢器官に疲労物質(乳酸や二酸化炭素など)をためます。それを早く代謝するために肝臓やガス交換のために肺へ運ぶためには、血行に勢いが必要です。
妊娠中に高血圧を発症するという事は、お体の無理負担がピークに達した証です。
どういうライフスタイルをし、漢方薬であれば何をすべきなのか、自ずと考え方は決まって参ります。

最近では「肥満」だけでなく「やせ過ぎ」の方も増えています。
食事療法や無理な生活スタイルでそうなっているのであれば、速やかに変えるべきでしょう。
しかし、元来内臓が虚弱であるがゆえに太れないのであれば、健脾胃をし、精をつけなくてはいけないでしょう。漢方の出番は大いにあろうかと存じます。

本来は胎児の発育にとって大切な時期だから、適度な運動・休息・栄養補給が肝腎なのに、妊娠する前のライフスタイルをそのままに、仕事で無理をし続け、睡眠が不足し、食事をしっかりと食べていないなど、無理をし続けている女性が増えています。

過度な消耗から逆にハイになり動きすぎてしまう傾向の「ブレーキ故障タイプ」はゆったりと過ごすことができません。
痩せて肉体を育む力が消耗しており、流早産や胎児発育障害のリスクは圧倒的に高くなります。

太っても痩せても、どちらも行き着く先はかなりの疲労が蓄積します。
妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)による高血圧や尿タンパク、浮腫みのリスクも高くなります。
疲労は百病の始まりです。
ピークに達すると抵抗力も落ち風邪などの感染症にも罹りやすくなります。

妊娠中の体調は、出産時や産後、お子さんの発育など、将来の様々なことに影響します。

ご自身とお腹の中の大切なお子さんのために「安胎漢方」で体を守りながら、「太りすぎ」や「やせすぎ」にならないためのより良い過ごし方をしてほしいと願います。
他の誰のためでもない自分のために。

産科医師不足から、充分な医療がまかなえないという点ばかりがクローズアップされています。
果たしてそうでしょうか?
医療任せにしていませんか?

お医者様が何でも治せるわけではないのです。

今日の体調は、今日までどのように生きてきたかの証です。
責任は自らにあります。
漢方を学び、漢方を基礎に幾多のご相談を受けてきた、今だからこそ僕なりに感じるところがあります。
しかし、僕自身もつい数年前まではこのようには考えられませんでした。
だから一人でも多くの人に気がついて欲しいと願うのです。

自分の体は最終的には自分でしか変える事はできないという事を。
全ての責任は自分にあるという事を。

Marbo氏の感性をあなたも感じてください。

>東京バラリック Marbo&DJ HIRO 心は100%フルサポートです。

ブログの情報をいち早くお知らせ
ブログ+α
メールマガジンTANAVEX

→
←

tag