GOぶろぐ
治療方針

お薬、漢方、健康のお悩み
お気軽にご相談ください。

046-261-1380

午前10時~午後7時
(定休日:日曜・祝日)

メールでのお問い合わせは
こちら»

  • Twitter
  • Facebook

漢方たなうぇぶ>GOブログ>不妊症>妊婦さん 「風疹」流行につきご注意を

妊婦さん 「風疹」流行につきご注意を

子宝漢方コンシェルジュ!のごう先生こと田辺豪です。

妊娠中の女性が感染すると、生まれた子どもに障害が出るおそれのある「風疹」の患者の数が先月24日までの1週間で200人を超え、この5年間で最も多くなったことがわかりました。

風疹は、熱や発疹、耳の後ろのリンパ節が腫れるなどの症状が現れる病気で、妊娠中の女性が感染すると生まれた子どもの目や耳、心臓などに障害が出るおそれがあります。

先月24日までの1週間の風疹患者の報告数は219人で、これまでで最も多く、今年に入ってからの合計は1029人に上り、去年の同じ時期の23倍となっています。

風疹のピークは春から夏のため、このままさらに流行が広がる可能性があることから、厚労省では妊娠中の女性の家族に予防接種を受けるよう呼びかけています。

漢方的にできる事は。
抵抗力である「衛気」を高める事が大切です。

「気」は外敵が侵入しないようにする働きもあれば、体の中のものが漏れ出ないように守る事もしております。

出血や流早産の予防にも力になります。

実際に感冒症状がある時なら「桂枝湯」辺りを基本としつつ、各々の病状に合わせて最適な漢方薬を御提案します。

「風疹」に限った事ではありませんが、「風邪」は諸疾百病の始まりといいます。
「風邪」、つまり感染症が最も怖いのです。

アレルギーや風邪に頻繁にら関している妊婦さんが妊娠初期からの大半の時期に風邪っぽく、妊娠期のほとんどを桂枝湯でしのいでご無事に出産されたという、そういうケースもございました。

必要とあらば手をゆるめず、「今できる事」をしっかりと行う事が大切です。

皆様の願いが叶いますように!

漢方の知恵と、生命力をしっかりサポートするお手伝いをご提案します。

→
←

tag