GOぶろぐ
治療方針

お薬、漢方、健康のお悩み
お気軽にご相談ください。

046-261-1380

午前10時~午後7時
(定休日:日曜・祝日)

メールでのお問い合わせは
こちら»

  • Twitter
  • Facebook

漢方たなうぇぶ>GOブログ>不妊症>低炭水化物ダイエットと不妊症・不育症との関係

低炭水化物ダイエットと不妊症・不育症との関係

子宝漢方コンシェルジュ!のごう先生こと田辺豪です。

「低炭水化物ダイエット」は長く続けると危険という解析結果が発表されました。

近頃、不妊治療中の女性で多いのが良質な炭水化物をなぜか減らしてしまっているというケースです。
(良質な、という所はとても大切なポイントです!)

血糖値やHbA1cが高かったり、コレステロールが高めだったりする場合に、ほとんどの人がまず「ご飯」を減らしてしまいます。

主食であるコメやパンを控える「低炭水化物ダイエット」を5年以上続けると、死亡率が高くなるかもしれないという解析結果が、国立国際医療研究センター病院糖尿病・代謝・内分泌科の能登洋先生等によって発表されました。

糖質制限食に関する492の医学論文から、人間での経過を5年以上追跡し死亡率等を調べた海外9論文を分析されたとのこと。

対象は、特に病気のない地域住民や医療スタッフ等、計約27万人。
摂取した総カロリーに占める糖質の割合に応じて10グループに分けられたのです。
5~26年の追跡期間中に、計約16000人が死亡していましたが、糖質摂取量の割合が最も少ないグループの死亡率が、最も多いグループの1.31倍であったとのことで、統計上の明確な差が出たとされます。

主食を減らし、おかずを多く食べる。
食事が減り、菓子や飲酒量などが増える。

糖尿病だけの問題にとどまらず、これは妊婦さんや不妊治療中の方々にもいえることのように感じます。

悪阻がひどい妊婦さんも、ご飯の臭いがだめだから、アイスクリームやゼリー、フルーツなど、食べている物は決して良いとはいえません。

死亡率が高くなる食生活は、受精の為のエネルギー、細胞分裂の為のエネルギー、着床するためのエネルギー、ホルモンを産生するためのエネルギーなどにも、良いわけがありません。

子宝相談を通して、食事の事も、体を休める事も、ライフスタイルも、色々な事を考える機会になります。
全ては、今が未来を作り、将来の子供たちの世界を作ります。

赤ちゃんが欲しい、無事に出産したい、体を変えたい、簡単な治療の前に、目の前にできる事は沢山あるはずです!

食事こそ自分の力で積極的に良い事を取り入れる事ができることです。

妊娠可能な時期の日本人女性は欧米人女性に比べて低体重です。
それも、大いに影響している事だと思います。

体を、卵を、子宮を、精子を、しっかり育むためにも、ごはんをしっかり食べて下さいね。


皆様の願いが叶いますように!

漢方の知恵と、生命力をしっかりサポートするお手伝いをご提案します。

→
←

tag