GOぶろぐ
治療方針

お薬、漢方、健康のお悩み
お気軽にご相談ください。

046-261-1380

午前10時~午後7時
(定休日:日曜・祝日)

メールでのお問い合わせは
こちら»

  • Twitter
  • Facebook

漢方たなうぇぶ>GOブログ>不妊症>それはガオーから身を守るため 高プロラクチンや第ⅩⅡ因子(凝固)

それはガオーから身を守るため 高プロラクチンや第ⅩⅡ因子(凝固)

僕が尊敬する熊本の「くすりのキュート」倉光浩城先生から教えてもらった「ガオーのお話」が、まさに高プロラクチン結症や血液が凝固してしまう第ⅩⅡ因子に、どう対処すべきかの道しるべになるので、お客様にお伝えしています。

今日も不妊症・不育症でお悩みのお客様にお話して納得されていたので、ブログを御覧の方々にもお伝えしたいと思いました。

高プロラクチン血症とはどんな状態だと思いますか?

これは順序だてて考える事が必要です。

プロラクチンというホルモンは授乳中に出るホルモンです。

授乳中というのはどのような体の状態でしょうか?

出産後、乳飲み子を育てながら、自分の体力も回復しつつ、すでにお子さんがいる場合は、他のお子さんたちも育児しつつ、夜泣きをしたら寝ずに授乳をし、多い場合は夜中に3~回の授乳でほとんど不眠不休でも、それでも動き続ける事ができるように、授乳中に脳から体を「火事場の馬鹿力」を発動できるようにするのがプロラクチンというホルモンです。

つまり、頑張れるし、動けるのです。

頑張れて、動けるから、といって体が元気満点!なのではなく、体がきつかろうが動かしてくれるのです。

そのホルモンが、授乳中でないのにも関わらず分泌するのが、高プロラクチン血症という状態です。

医療ではどのような治療をするのかというと、脳下垂体のドーパミン受容体刺激により、プロラクチンの分泌を抑えるという薬の類が使われます。

ここで、「ガオーのお話」を。

イメージしてください。

ジャングルで子供を産んだお母さん。

森では、乳飲み子を抱きかかえた母子は格好の餌食!
我こそは仕留めようと、狩りをする肉食動物たちの目が光っています。

乳飲み子を抱えたお母さんの体は、
物音がすればいつでも全力で逃げられるように、神経を常に高めています。
血液は筋肉や脳へ、いざという時のために運動能力を、防衛本能をMAXにすべく五感をフルパワーで鋭敏にしています。

もしガブリと肉食動物に噛まれても、出血を最小限にするために、体表面の静脈管を収縮させたり、さっと血が固まり止まるように、凝固系がしっかりと働くような状態になります。

プロラクチン分泌が多い状態や、凝固系が活発となる、その状況は、いつガオー(肉食の捕食動物)に出くわしても、最大限の力で身を守るために、体が必要なモードになっているということなのです。

現代の生活の中でそうなってしまう女性には、その人それぞれのおかれている状況、精神状態、情報に惑わされて翻弄され、ヘトヘトになっている、治療によって憔悴しきっている、などの状況的な原因が考えられるのではないでしょうか。

そんな女性たちに、肉体的なサポートは漢方薬や栄養療法にて、抗プロラクチン薬に頼らなくてもスーッとプロラクチンの値が下がる人がたくさんいます。

すると女性のお体の準備、第一段階は整うのです。

→
←

tag