GOぶろぐ
治療方針

お薬、漢方、健康のお悩み
お気軽にご相談ください。

046-261-1380

午前10時~午後7時
(定休日:日曜・祝日)

メールでのお問い合わせは
こちら»

  • Twitter
  • Facebook

漢方たなうぇぶ>GOブログ>不妊症>考えてみましょう 子宝を授かるのに「今」が最適なのか? 不妊治療 NK細胞が高い ピシバニールによる治療 

考えてみましょう 子宝を授かるのに「今」が最適なのか? 不妊治療 NK細胞が高い ピシバニールによる治療 

不妊治療や不育治療に頑張っているご夫婦のみなさんと接する上で、私自身が最も大切にしている事があります。

それはご夫婦お互いが「健康」であるということです。

体のバランスが乱れている事は、ご自分の体調でわかる事が多いはずです。

気がつかない場合に血液検査でわかる事もあります。

「NK細胞」が多いために受精卵の着床がしにくいというケースがあります。

現在はピシバニールという薬で治療する事が多いようです。

%E3%83%94%E3%82%B7%E3%83%90%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%AB.jpg

ピシバニールという薬は「抗がん剤」の一種です。
ピシバニールの添付文章

その薬を使ってまで、「NK細胞」の数の調整をする事が先決なのか?

そもそも「NK細胞」が高い状態は、子宝を授かるのに最適な体調なのか?

そこを十分に考える事が必要ではないでしょうか。

NK細胞とは、ナチュラルキラー細胞という自然免疫を担う免疫細胞の一種です。

主にウィルス感染細胞や腫瘍細胞を処理します。

という事は、何らかの病気の原因が体の中にある可能性があるのです。

受精卵の排除のみのためにNK細胞が増えているとは考えらません。

ストレスや疲労の中での不妊不育治療によって、外敵や内生病との戦いを強いられていると考えられます。

検査では見つからないレベルの病と闘っている可能性も高いのです。


高プロラクチン血症とて同じことかもしれませんよ!
GOブログ「それはガオーから身を守るため 高プロラクチンや第ⅩⅡ因子(凝固)

カバサールやパーロデルなど、中枢性の抗プロラクチン薬を使う事よりも、体調を整える事が必要な場合もあります。

漢方薬で高プロラクチン血症が下がるケースも、多々ございます!

かけられる時間など総合的に判断していただきたいですが、最も大切なのはお体を調えることなのは変わる事の無い大原則なのですから。

まずは妊娠する事、と多くの人はいいます。
確かに間違ってはいません。

ですが、妊娠・出産・育児など、それからはさらに大事なので、体調を整え体力をつけるためにできる事を、私は漢方の知恵を総動員して御提案しております。


一人でも多くのご夫婦に子宝が授かりますように!


こちらの地域からご相談にご来店いただいております

神奈川県 大和市 横浜市瀬谷区 泉区 戸塚区 旭区 緑区 青葉区 綾瀬市 藤沢市 座間市 海老名市 厚木市 伊勢原市 平塚市 茅ヶ崎市 相模原市 川崎市 麻生区 多摩区 宮前区 高津区 小田原市 高座郡寒川町 秦野市 南足柄市
東京都 町田市 狛江市 世田谷区 目黒区 渋谷区 大田区 品川区 新宿区 杉並区 港区 千代田区 稲城市 千葉県 浦安市 船橋市 習志野市 千葉市 船橋市 館山市 いすみ市  
静岡県 三島市 沼津市 伊豆の国市 埼玉県 さいたま市

以下のクリニックに行かれている患者さんがいらっしゃっています

加藤レディースクリニック 神奈川レディースクリニック 田園都市レディースクリニック みなとみらい夢クリニック 愛育レディースクリニック 湘南IVFクリニック 山下湘南夢クリニック ソフィアレディスクリニック 杉山産婦人科 梅が丘産婦人科 みむろウィメンズクリニック 新橋夢クリニック 恵比寿つじクリニック 英ウィメンズクリニック 


子宝ポータル情報!

一緒に勉強をしている子宝カウンセラーや、最新の補助生殖医療情報、画像などのリンクです。
ぜひご参考にして下さい!

岐阜の岐阜の漢方の野崎薬局さん 不妊治療で悩むあなたへ

横浜のクスリのハルナさん 子宝カウンセラーのブログ

青森のくすりの厚生会さん 妊活の疑問や問題点について

徳島のみどり薬店さん うえっちのブログ

静岡の寺岡薬局さん スタッフブログ

佐賀のヘルシー宮崎さん 鹿島店さんのブログ

愛知県の健康工房和み人さん 不妊・不育症ページはこちら

愛知県の漢方相談タカキ薬局さん 岡崎発 子宝応援ブログはこちら

→
←

tag