GOぶろぐ
治療方針

お薬、漢方、健康のお悩み
お気軽にご相談ください。

046-261-1380

午前10時~午後7時
(定休日:日曜・祝日)

メールでのお問い合わせは
こちら»

  • Twitter
  • Facebook

漢方たなうぇぶ>GOブログ>不妊症>幸せを呼ぶ 四葉のクローバー と 今日の気づき 年末年始の営業のご案内 

幸せを呼ぶ 四葉のクローバー と 今日の気づき 年末年始の営業のご案内 

今日は自然妊娠の兆候があったお客様から妊娠確定の嬉しいお電話をいただいたり、八月にご出産されたお客様がご来店くださったりと、子宝の日でした。

不妊や不育の相談の根本に、やはり体をしっかりと作る日頃の養生がとても需要だとあらためて感じました。

補助生殖医療にはできない領域が、漢方や薬局医療にたくさんあるのだとあらためて感じる日でした。

今日の気づき その1

悪阻(つわり)治療に有効な漢方薬は色々あります。

実際に吐いてしまう人には「乾姜人参半夏丸」が良いです。

その他に、小半夏湯や小半夏加茯苓湯、半夏厚朴湯、麦門冬湯、など状況に応じて漢方薬をお選びするわけですが、飲まない方が良いと医師から言われることもあるようです。

最終決断は、患者様と我々との信頼関係の中で決定する事ですが、数千年の伝承医学の力も昨今では科学的根拠が少しずつ解明されて参りました。
ようやく科学が漢方に追いついてきた、という様相もあります。

私は「できる手(方法)」があるのならば挑戦します。

妊娠中の風邪に関しても、漢方では桂枝湯をはじめとして、様々な処方を使う事ができます。

我慢をしてこじらせる危険があるならば、しっかりと治療をすることをお勧めします。

風邪より恐ろしい病気はありませんから。


今日の気づき その2

改めて「外感病」がいかに慢性病に影響しているのかを感じる日でありました。

「外感病」とは、現代風にいうと風邪のようなものです。

ウィルスや細菌に感染することで悪化する疾患です。

月経不順にしても、胃の不調や、体の痛みなど、根元的な原因を「コレ!」だと提示するのが難しい「症状」のお悩みというものはたくさんあります。

その悪化要因、および原因に、「外感病」の影響はかなりあるのだと、漢方薬を服用してくださったお客様の感想で気づかせていただきました。

めまいやふらつき、頭痛が「香蘇散」で、とても早く薬が効いたというお客さまの経過をお聞かせいただき、確信にかわりました。

しかし、どの薬がその人に最適かは、自覚症状、汗の出具合、舌や顔色、体格、併用する生薬やサプリメントによって、千差万別です。

患者様と相対した時に、感覚的につかんでいますが、それを誰にでも判断できるように訓練する方法こそが「漢方」という医学です。

ゆくゆくは、「お母さんお父さんは家庭のお医者さん!」と題して、お家で早目に治療ができるようになるための、ワークショップなどを開催してみたいと思いました。

ご要望がありましたら、いつでもお声をかけてください。


20131221clover.jpg


四葉のクローバーが多い株だけを少しずつ丁寧育てて集めて商品化したものがあると、都内某局のラジオで聴いてから半年ぐらいが経っていました

四葉のクローバーをプレゼントしてみたいなぁ。
そんなことを考えていたので、思い立ちすぐに行動!
「検索」してみました。

すると、色々な四葉のクローバーがあるではありませんか!

いわゆるクローバーは「シロツメクサ」ですので、この12月に入手するのは困難です。

それに似たようなものはないかと調べてみると、ありました!

四国高知の「見元園芸さん」のホームページにたどり着きました!

ホームページはこちらです。
http://www.mimoto-shop.com/

四国から神奈川への長旅
お疲れ様でした。

まずはお水をあげました。

そして半日陰で2日ほどするとクリスマスイブです。

日頃の感謝の気持ちを込めた感謝祭のラストを飾るのは
「四葉のクローバー」プレゼントです。

平成25年もいよいよ押し迫ってまいりました。

年内の営業は12月28日(土)までとなります。

12月29日(日)から1月5日(日)までお休みします。

平成26年1月6日(月)から、通常営業となります。
新年は、毎年恒例の「縁起物 干支ガラス人形」を先着100名様にプレゼント!


→
←

tag