GOぶろぐ
治療方針

お薬、漢方、健康のお悩み
お気軽にご相談ください。

046-261-1380

午前10時~午後7時
(定休日:日曜・祝日)

メールでのお問い合わせは
こちら»

  • Twitter
  • Facebook

漢方たなうぇぶ>GOブログ>不妊症

不妊症

妊娠力UP 漢方講座 開催しました

今日から、大和「まちゼミ」の無料講座が始まります。 当店は「妊娠力UPの漢方講座」を行いました。 ご参加のみなさまありがとうございました。 ...

幸せを呼ぶ 四葉のクローバー と 今日の気づき 年末年始の営業のご案内 

今日は自然妊娠の兆候があったお客様から妊娠確定の嬉しいお電話をいただいたり、八月にご出産されたお客様がご来店くださったりと、子宝の日でした。...

研修会アウトプット その二 長山淳哉先生

長山淳哉先生の著書「胎児からの警告」 始めて読んだときの衝撃は今も忘れられません それをどのようにしてお伝えして行けばいいのか 悩んでばかり...

研修会アウトプット その一 金丸先生

10月26日と27日の土日に熱海の伊豆山にてヤクケンみどり会の1泊研修会がありました 伊豆山神社をお参りしてまいりました 源頼朝と北条政子が...

カラダは遺伝子の箱舟 子宝はカラダづくりが肝心

熱海の伊豆山から おはようございます 今日は「関東ヤクケンみどり会」の1泊研修会です 台風からのプレゼント 道がめっちゃ空いていました~ こ...

お腹の中で生まれる毒素の話 便秘や下痢のないカラダづくりと不妊症・不育症

昨夜は主宰をしている今年度6回目の「腸活エキスパート講座」でした。 腸をキレイにして、より健康でゴキゲンな心と体をプロデュースするエキスパー...

妊娠中 胎児への影響が心配な感染症のお話

感染症は風疹だけはありません。 風邪は百病の始まりといいます。 感染症の本質的な対策は、体の内側から抵抗力を最大限に高めることが大切です。 ...

不妊治療と風疹の予防接種

20~40代の不妊症漢方相談の「風疹ワクチン」接種。 どうしようかとお考えの方からのご相談が増えています。 なぜかというと 妊婦さんが妊娠初...

子宮の異常収縮を防ぐ切迫流産・早産の治療に学ぶ 着床力 妊娠力 安産力

妊娠中にお腹の張りが強くなり、 流早産の危険性が高まると 病院では「リトドリン塩酸塩」 という成分の薬が処方されます。 ウテメリンという製品...

女性は妊娠がわかる前から「葉酸」が必要なのです いつ飲む? 今でしょ!

妊婦さんに接種が推奨されている「葉酸」。 サプリメントによる接種も推奨されているほどです。 そのことに関しては後ほど詳しく説明いたします。 ...

台湾女性に学ぶ 女性のお体コンディショニング!

数日前にご来店された台湾出身の女性。 若いころから「月経期が終了するころ」にお母さんが漢方薬を煎じてくれて毎回飲んでいたそうです。 その薬草...

冷えの漢方診断 今年は女性クールビズ?

梅雨入りしましたね。 今年は女性にもクールビズ!だそうです。 環境省のスーパークールビズ2013 オフィスや公共交通機関、お店などのエアコン...

赤ちゃんの便秘について

赤ちゃんの便秘の相談件数が増えております。 子宝相談 育児トラブル お腹の健康 に関しての相談が当店では多いので、 私なりの見解をご紹介しま...

石田純一さんに学ぶ子宝術

不妊治療の治療は女性が相談に来るのが99%です。 奥さんと一緒にご来店される男性はおりますが、男性だけでご来店されるのはまだまだ少ないのです...

昨日の自分を超える その1

「みやざき中央新聞」を教えてもらったのは 「しもやん」こと下川浩二さんから 「しもやん」ワンデーセミナーに参加したのですが、 それがまたすご...

私のほうが幸せをいっぱいいただいております うれしいご報告

初夏の散歩は毎日の自然の変化が美しいですね。 ドクダミの可愛い白い花が咲いていました。 写真は 「季節の花 300」 http://www....

パート 高い早産リスク 正社員・専業主婦の2.5倍 漢方や妊娠中のお過ごし方で変えられることがたくさんあります

本日の「母の日」 みなさまいかがお過ごしでしたか? 私は実家に行って母の顔を見てきました。 何かをプレゼントすることもいけれど、会ってたわわ...

子宝にも深くかかわる「腸」のおはなし

今日はこれから、東京駅近くの会議室で主催する「腸活エキスパート講座」です。 本日のお題は「腸脳相関」。 腸と脳は密接に関係している、というお...

ファスティング(断食) 10の効果!でカラダ キレイ 子宝に恵まれる体作り!

昨日は友達のまみちゃんが主催の ひすいこたろうの「あした死ぬかもよ?」 自分の本心に気付くワークショップ♪♪♪ に参加してきました。 ひ...

特に異常もない 何をやってもうまくいかない そんな時にはファスティング!

ゴールデンウィークは4月28日(日)~5月6日(月)まで お休みをいただきます。 人生初の出雲大社へのドライブ旅行をしてきます。 60年に一...

子宮内の異型細胞について ガンの芽

子宮内の異型細胞とは通称「ガンの芽」といわれている細胞です。 子宮以外では「胃」によく見つかるケースが多いです。 内視鏡による検査が発達し見...

考えてみましょう 子宝を授かるのに「今」が最適なのか? 不妊治療 NK細胞が高い ピシバニールによる治療 

不妊治療や不育治療に頑張っているご夫婦のみなさんと接する上で、私自身が最も大切にしている事があります。 それはご夫婦お互いが「健康」であると...

卵子の老化の真実より 冷え 高齢出産ではその重要性が一層高まるという事実! その2 「血虚」

漢方では「血」の充実度を、女性のカラダではとても大切に考えます。 「血」が少ない状態を「血虚(けっきょ)」といいます。 「血虚」がおこる原因...

月経周期や基礎体温の乱れ 排卵日とタイミングや採卵 生理が来た事によるショック 経済的な事 など不妊治療でストレスに感じる事が体にひびくご夫婦へ 気鬱チェックと気鬱対策

不妊治療を受けているご夫婦の多くは焦り、苦悩されておられます。 努力した分だけすぐに実りがあれば言う事はありません。 とてもすぐに良いご縁が...

卵子の老化の真実より 冷え 高齢出産ではその重要性が一層高まるという事実!

静岡 藤枝市の 漢方相談 至誠堂薬局の薮崎先生から、河合 蘭女史の著書「卵子老化の真実」を教えていただき、早速読みました。 至誠堂薬局 薮崎...

自宅でできる不妊症相談ワーク④  ご自身に問いかける力を感じ 目標を達成できるように 「意識」

昨日の 「子宝に恵まれたあなたに近づくために、あなたが出来る第一歩は何?」 いくつ書けましたか? ひとつやふたつの人はもう一回、制限を外して...

自宅でできる不妊症相談ワーク③  ご自身に問いかける力を感じ 目標を達成できるように  「選択肢」

おかんの夢を応援しています! あと4日。 よかったらご覧ください(^^) 今日のお題は 「子宝に恵まれたあなたに近づくために、あなたが出来る...

自宅でできる不妊症相談ワーク②  ご自身に問いかける力を感じ 目標を達成できるように 「目標」

おかんの夢を応援しています! あと5日。 よかったらご覧ください(^^) 昨日の続きです。 本日のお題は「どうなりたいのか?」です。 昨日の...

自宅でできる不妊症相談ワーク①  ご自身に問いかける力を感じ 目標を達成できるように  「現状」

「不妊症」 あたかも病気のように命名されておりますが、あるケースを除いては病気ではないと私は考えております。 若い人でも体外受精が当たり前の...

抗うつ薬と妊娠 ママさんへ子供の増えるうつ病への薬物治療

18歳未満の抗うつ薬投与の有効性が確認できず 1999年以降に国内で承認された6種類の抗うつ薬について、厚生労働省は29日、海外の試験で子供...

男性不妊相談所 心臓と男性不妊 イビキ

アルコールは飲まないのに「イビキ」をかくという人は、疲労が限界を明らかに超えています。 具体的には「心臓」の疲れとして捉えています。 「心」...

不妊相談所 寝室はいっしょですか?騒音問題「イビキ」 睡眠時無呼吸症候群 スーパースパムへの道!

日々の不妊症相談の中から気がついた事を少しずつアップしています。 ご夫婦は一緒の寝室ですか? ひょっとしたら別寝ですか? パパさんのイビキ。...

それはガオーから身を守るため 高プロラクチンや第ⅩⅡ因子(凝固)

僕が尊敬する熊本の「くすりのキュート」倉光浩城先生から教えてもらった「ガオーのお話」が、まさに高プロラクチン結症や血液が凝固してしまう第ⅩⅡ...

男性不妊 男性はデリケート 自信をつける事が必要!

約3年前ぶりご来店くださったお客様。 まずは嬉しいご報告。 なんとお子さんが授かり、すでにお子さんは2歳になっているとか! いやぁ~本当にお...

男性不妊 求められるのは強いオス!エッチは週2

僕が作っている手作り健康新聞「たなべっくす」。 いまどき何で手書きなの?とよくいわれます。 その心は。 お渡しするお客様お一人お一人へ真心を...

男性不妊 求められるのは強いオス!精子は酸化に弱い

神奈川県立厚木西高校の吹奏楽部とは、実はなんの接点もありませんでしたが、部員が全員で営業をして、演奏会の資金を集めています。 厚木駅から当店...

男性不妊 元気なようでお疲れの旦那さん

日曜日に開催されました子宝カウンセラーの会に参加してまいりました。 男性不妊治療のスペシャリスト医師 石川智基先生の先端技術のお話、精子の酸...

花粉症でお悩みの不妊治療中の女性 妊娠中の方 小さいお子さん ご注意を!食物アレルギー バラ科の果実

子宝漢方コンシェルジュ!のごう先生こと田辺豪です。 今日は大阪で「子宝カウンセラーの会」があります。 その後で、筒井のアニキのセミナーに参加...

妊婦さんや小さいお子さんへ 花粉症症と食物アレルギーについて

子宝漢方コンシェルジュ!のごう先生こと田辺豪です。 先日、大和市の学校給食共同調理場運営委員会という委員会に出席した際に、同席していた医師の...

低炭水化物ダイエットと不妊症・不育症との関係

子宝漢方コンシェルジュ!のごう先生こと田辺豪です。 「低炭水化物ダイエット」は長く続けると危険という解析結果が発表されました。 近頃、不妊治...

妊婦さん 「風疹」流行につきご注意を

子宝漢方コンシェルジュ!のごう先生こと田辺豪です。 妊娠中の女性が感染すると、生まれた子どもに障害が出るおそれのある「風疹」の患者の数が先月...

男性不妊の方からのご相談 精索静脈瘤について

子宝漢方コンシェルジュ!のごう先生こと田辺豪です。 3月10日に大阪で子宝カウンセラーの会の勉強に出席する予定にしております。 講師は「男性...

出産ラッシュの後には乳児湿疹のご相談が増えます

出産のご報告があった後の半年から1年ぐらいは「乳児湿疹」のご相談が増えます。 今週はまさに「乳児湿疹」のご相談が一日に3件ある日がありました...

不妊治療中の花粉症・風邪の治療に漢方の知恵を①

子宝漢方コンシェルジュ!のごう先生こと田辺豪です。 不妊治療中や妊娠中の花粉症や風邪の治療のご相談が実はとっても多いです。 妊娠した時にもよ...

安産の道

子宝漢方コンシェルジュ!のごう先生こと田辺豪です このところ出産ラッシュが続いております。 妊娠中の体調維持に漢方薬をしっかりと服用していた...

男性不妊の方からのご相談 漢方薬は証で選ぼう

子宝漢方コンシェルジュ!のごう先生こと田辺豪です 男性不妊の傾向がある患者さんからのご相談がこのところ増えております。 精子数や運動率、SW...

男性不妊の方からのご相談 定番の漢方薬「補中益気湯」

子宝漢方コンシェルジュ!のごう先生こと田辺豪です 男性不妊の傾向がある患者さんからのご相談がこのところ増えております。 男性不妊の定番漢方と...

男性不妊の方からのご相談 機能的な形

子宝漢方コンシェルジュ!のごう先生こと田辺豪です 男性不妊の傾向がある患者さんからのご相談がこのところ増えております。 そもそも、基本的な事...

男性不妊の方からのご相談 お酒がお好きな旦那様

子宝漢方コンシェルジュ!のごう先生こと田辺豪です 男性不妊の傾向がある患者さんからのご相談がこのところ増えております。 元気そうで体格も良い...

男性不妊の方からのご相談 忙しくお疲れの旦那様

子宝漢方コンシェルジュ!のごう先生こと田辺豪です 男性不妊の傾向がある患者さんからのご相談がこのところ増えております。 石川智基先生の著書を...

男性不妊

精子の運動率を高めるのに漢方は有効なのか。 本日嬉しいご報告がありました。 40代の男性ですが、15分で精子が運動する距離を測る(SWAT1...

無月経症を例に 漢方では治療の順序を大切にします

無月経症や極端な長期月経周期のご相談に対しては、治療の順番がとても大切です。 先日も無月経症のご相談がありましたが、治療開始より1か月で最初...

バイオリンクママさん&ベビーさんがご来店されました

今月の中ごろに6月にご出産されたお客様がご来店されました~! 妊娠前からコツコツとバイオリンクを服用していただき、妊娠中も、産後もお続け下さ...

うれしいご報告

ご出産後約一か月が経ち、わざわざご報告にご来店くださいましたN様です。 まさに赤ちゃん! お顔が赤くてかわいいですぅ~。 自然妊娠、自然分娩...

漢方による不妊治療の実際 生命力を信じて 細かな原因にふりまわされないで

先月に愛犬が骨折してしまいました。 毎日てんやわんやです。 退院後一人で置いてはおけないと考え、かかりつけの動物病院でゲージを借りてお店に...

免疫性不妊が増えている背景

子宝をご希望され漢方を試してみたいとご相談の方々が、検査で「抗精子抗体」が見つかったとおっしゃるケースが増えています。 いわゆる免疫性不妊と...

妊娠出血

妊娠中に出血するという兆候は良い兆しではございません。 妊娠しているかどうか不明瞭であってもダラダラと出血がとまらない「漏下」。 流産して出...

妊婦さん 「肥満」も「やせ」もハイリスク

妊娠初期の胎児はわずか数グラム。 臨月でも胎児の体重は3000g前後ほどで肉体自体は小さいものです。 その胎児の体格からして、実際に妊婦さん...

子宝漢方考 「生理痛」

竜骨という生薬です。最近ではなかなかお目にかからない化石と化している良質な竜骨です。 生薬の世界は、食品や添加物を抽出するための需要が増え...

漢方薬の奥深さ

子宝に恵まれるきっかけは正攻法だけではないことが多い。 漢方でいう子宝のための正攻法とは、 血を養う事や精を養うこと、 古血を浄化すること、...

ごう先生の子宝漢方考 「便秘」

子宝をご希望される女性の準備として大切なのは、胞宮(子宮・卵巣)のコンディションを良くする事であることは、僕も常々書き話していますが、自然療...

漢方子宝相談 子宮卵巣の悲鳴「おりもの」

GWの営業のご案内です 当店は日曜・祝日が定休日となります。 4月 27日(日) 休 28日(月) 通常営業 29日(火:祝:昭和の日) 休...

子宝相談 内臓下垂の問題

今日、地元の中学に通う二人の中学生が 「進路学習」という授業の一環でインタビューに来店されました。 彼女達の質問はまさにストレート勝負とい...

連日「おめでた」の吉報 子宝に恵まれるための「男女陰陽論」

連日「おめだた」の吉報が舞い込んでいます。 妊娠するエネルギーって連鎖するのでしょうか。 「本当におめでとうございます!」 新しい命をお腹の...

何が違うのだろう 自然妊娠 人工授精

現在プレゼント中のオリジナルエコバッグです。 もうちょっとかわいい色だったり、ロゴの大きさだったり、まだまだ改良の余地ありです。 薄手の綿...

体の中で最も汚れると場所 きれいにしてますか?

自分を表現している人ってすごいなぁとおもう。 体の全てのコンディションに影響を及ぼす大切なことです。 「つながり」を重要視すると、 具合が...

子宮環境を考える 流産癖 着床しにくい

ここに数個ほどある貝はお客様にいただいたものです。 以前映画にもあった「硫黄島」にあった貝だそうです。 お客様のお父様が自衛官(パイロット...

「鼻」と生殖能力

人相と体の関係は古より私たちの興味をそそる話題です。 とりわけ鼻は生殖器との関連が深いというイメージを持っている人は多い。 これが意外と当て...

鼻の具合が悪い子供たちから学ぶべき危機

「びさえ~」とお母さんの名前を呼ぶ「クレヨンしんちゃん」の鼻声は 当時すでに日本の健康を象徴していたんでしょうね。 花粉症などの季節病的な鼻...

やせるモノからやせるコト(方法)へ 「更年期太り」には

大きな土瓶がよく漢方薬局に飾ってあるのを目にしたことありませんか? その蓋の裏は、 ちょっとしたアートになっていました。 うれしくなって飾...

出産年齢の高齢化と漢方 大和市内に助産院を!

等々力の「巣巣(SUSU)」という インテリアや家具、雑貨のお店でみつけた「うさぎさん」。 胸の「ハート」がアクセントです。 これからお店...

清潔とグルメとセックスレス

私のように 「ご相談を受けてからその人に合ったお薬をお選びする」 という事を生業にしておりますと、 対象疾患は千差万別で 年齢層も赤ちゃんか...

なかなか妊娠しないケース(男性)

仁多米プレゼント 大好評でした。 完熟堆肥の恩恵! 精製白米ですが、 とっても美味しいと評判です。 11月20日(月)より お手紙版「たなべ...

食生活の乱れ 妊娠への影響は?

先日、店にトンボが迷い込んできました。 トンボっていってもドデカイやつで、 朝掃除のために自動ドアを開けっ放しにしていたら、 中の様子をうか...

二極化する子供の体型

背が高く頭や顔が小さく腰高で本当に足が長く すら〜っとした感じのお子さんが多くなり、 日本人の体型も変わったなぁ〜なんて思う反面、 身長が伸...

不妊と生理 月経量が減ってきた・・・ 原因(古血篇)

月経血の量が減っているという状態は、 放っておくと無月経や無排卵などの大きな問題に発展しかねません。 まずはきちんと検査を受けるようにして、...

月経血の量が減ってきた・・・ 妊娠への影響は?

不妊のご相談の際に女性の方々が不安になられている症状の一つに、 「月経血の減少」があります。 明らかに自覚できる症状なので、 そろそろ難しい...

漢方の不妊治療のメリット「体作り」

不妊治療とはいっても漢方が最も重要視しているのは「体作り」です。 特殊な薬を使うわけではなく、 体に元々備わっている自然なリズムを取り戻すこ...

エイジング(老化)と生殖能力

漢方の生体観(五臓六腑)の中で生殖能力との関係が最も深いのは「腎」です。 (ちなみに五臓六腑の五臓は、肝・心・脾・肺・腎があります。) 現代...

受精卵を作るのが目的ではない

受精後のその先を見据えているのか。 子供が欲しいと募る想い。 誰もが目先の治療の事ばかりを考えてしまいます。 残念ながら母体(ご自身)のコン...

男性力

男性は自分の体の異常について、 まぁ大丈夫だろう程度に軽くみているのか、 はたまた何が悪いのかが分からないのか、 相談するのが億劫なのか、 ...

「妊娠しやすさ」と月経前症候群(PMS)

排卵はきちんとしている。 生理の周期も大きく乱れているわけではない。 治療に行くといつできてもおかしくないといわれる。 なのに子宝に恵まれな...

不妊治療のご参考に 黄体期のお体と漢方の生体観

たとえ受精卵ができたとしても着床しなければ妊娠はできません。 着床のしやすさには黄体期の子宮環境がいかに良いかが大きく影響します。 黄体期は...

排卵期のお体と漢方の生体観

排卵がスムーズにできていない女性が増えています。 原因は、ストレスや冷え、やせすぎ、1子目の出産の消耗、など様々で、排卵障害を引き起こす視床...

感性にひびく「性」

表現することが難しいも問題なのだけれど、 読んでいると面白くてストーリーに引き込まれてしまうような読み物には、「性」についての表現が多いよう...

不妊症は女性だけの病気ではない

1994年に米国のフロリダで発見された男性生殖器が極端に短くなったワニ。 交尾がうまくできないそうです。 非常に汚染の進んだ湖に生息するワニ...

子宮のしもやけ

しもやけのご相談が今年は本当に多い。 しかし逆に、以前より漢方薬をお続けいただいている方々が、こんなに寒いのにしもやけができない、とお喜びの...

昼飯食いながら気になった

今日お昼を食べていてなんだかとっても気になった。 そのお店で飲食をされていた女性の喫煙率が100%だったのだ。 ちなみに私はタバコを止めてま...

卵胞期の体調と、冬場に弱る生理機能と、子宝に恵まれるという事

月経(生理)の後から排卵までの時期は、卵が発育していく卵胞期です。 漢方の陰陽生体観では「陰」の時期といえます。現代的にいえば低温期です。 ...

二人目のお子さんを希望される方へ

お二人目のお子さんを希望するもなかなか恵まれないという方からのご相談が年々増えていると感じます。 多くの方がお一人目のご出産後の消耗が回復さ...

現代の不妊症治療で見落とされている大切なこと

ここ数年、漢方を不妊治療に取り入れようとご希望される方々からご相談をうけることが多くなってきた。 漢方では女性の体に自然なリズムを整える「周...

冷房病 �A婦人病

暑い日もありますが涼しくても交通機関や公共の場、会社などでは冷房がフル稼働しています。 夏は冬よりも薄着です。 夏野菜や果物、水分など夏は食...

病人とそのまわりりの人(ご家族)の健康について

重篤なご病気を患っている人のご家族もとても病気になりやすという事はご存知ですか? なぜなら、ご病人さんにたいして治ってほしいと願い想う事は気...

子宝の漢方薬

日曜日に瓊玉膏(けいぎょくこう)という漢方薬の勉強会に出席してきました。 このお薬は豊臣秀吉が朝鮮へ出兵した際の朝鮮の皇室医であった許浚(き...