治療方針 treatment policy
治療方針

お薬、漢方、健康のお悩み
お気軽にご相談ください。

046-261-1380

午前10時~午後7時
(定休日:日曜・祝日)

メールでのお問い合わせは
こちら»

  • Twitter
  • Facebook

漢方たなうぇぶ>治療方針>癌 キャンサー>治療によりルート確保ができなくなる血管組織

ガンが発見 再発や転移 治療によるお体への負担がつらい 末期がん ご家族のガンについて ガンを生きる今のコンディショニングを応援します。

お問い合わせはお電話にて046-261-1380午前10時~午後7時(定休日:日曜・祝日)

治療によりルート確保ができなくなる血管組織

抗ガン剤の効果は細胞の成長を妨げるというものです。
治療のためとはいえ様々な弊害が現れます。

その一つが点滴をするためのルート確保ができなくるというものです。
点滴の注射針を刺すための太い血管の状態が著しく悪化してしまうという現象です。

血管は3層構造をしておりますが、その中の筋肉層も含めて、血管という巨大臓器の生まれ変わりが正常に行えなくなってきた事と、血液質全般そのもの自体の産生能力が著しく低下したため血液が不足しいて血管内圧が低下した事などが考えられ、抗ガン剤などによる著しい治療負担がなければ起らない現象です。(老化による体力が著しく低下した人などを除いて)

対応策として、細胞新生に役立つ栄養素である葉酸やビタミンB12などの製剤で対応しますが、力不足感は否めません。

正常細胞の産生に効果的な「核酸」の医薬品研究開発も進んできておりますが、まだ製剤化はされておりません。
そこで栄養学的に経口的に少しでも有用な核酸成分の補給を行う等の、細胞再生促進に役だつ栄養補給をご提案しております。

現在の抗ガン剤は、ガン組織を小さくしたたき撲滅しようという視点です。
これは正常細胞にも多大なリスクがあります。

ガン細胞は見方によっては必要に現れた存在ともいえます。
これからのガン治療は正常細胞を活性化する方法がトレンドとなってくると私は予想しております。
副作用を軽減する様々という視点から切り開かれてくるのではないでしょうか。
なぜなら副作用を本当に軽減する方法こそが、ガン細胞を減らし正常細胞を活発にする事だからです。

←
→

記事一覧