治療方針 treatment policy
治療方針

お薬、漢方、健康のお悩み
お気軽にご相談ください。

046-261-1380

午前10時~午後7時
(定休日:日曜・祝日)

メールでのお問い合わせは
こちら»

  • Twitter
  • Facebook

漢方たなうぇぶ>治療方針>子宝>母体作りのポイント⑥ 「ストレス」

不妊症、不育症、男性不妊、二人目不妊でお悩みのご夫婦を応援します。

お問い合わせはお電話にて046-261-1380午前10時~午後7時(定休日:日曜・祝日)

母体作りのポイント⑥ 「ストレス」

子宝相談のなかで重要な母体作りについてポイントをご紹介します。

母体作りの今までのページのいずれとも深くかかわる「ストレス」。

漢方の処方選びの中に、必ずこの「ストレス」対策のエッセンスを加えるようにしております。

「ストレス」対策の生薬といっても色々なタイプがあります。

疎肝解欝 柴胡

行気健胃 木香

理気健胃 陳皮

破気消積 枳実

行気消食 縮砂

寧心安神 茯苓

私はこのあたりの「ストレス」対策に有用なベーシックな生薬が配合されている処方が好きです。

「ストレス」は、血液の造血にも、血行にも、場合によっては血にこもる熱にも悪影響を及ぼしますし、冷えにも、卵巣や卵子の老化を促進させる事も、ホルモンのバランスにも、胃腸の調子にも、様々な事へと影響を及ぼします。

不妊治療に頑張っている時にはなかなかうまくいかなかったのに、全てをやめて半ばあきらめた時にふっと妊娠してしまうケースというのは、自分に対するプレッシャーとしての「ストレス」が強すぎたのでしょう。

ホドホドのストレスは身体を活性化する事も分かっております。

ちょうど良いというのはなかなか簡単にはいかないものですね。

次項の「疲れ」が基礎ベースにあると、些細な事も「ストレス」に感じやすくなります。
「疲れ」に関しても、全ての原因に関わる問題です。

ごう先生のブログ「GOブログ 不妊症特集」もぜひご覧下さい。

←
→

記事一覧